[ 新規登録 ]
SINCE 2003/07/02

MENU
FISHING
AQUALIUM
TOP LINKS
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>


コロタマ杯


KINGコロタマGP

釣行記

日付 2003年7月12日19:00〜2003年7月13日07:00
場所 和歌山県 日置大浜
大潮
エサ マムシ・チロリ・中エビ
記事  今シーズン初めての本腰入れた投げコロ釣行に意気揚々と12日13:00に自宅を出発。阪神高速堺線から第二阪和を下り、フィッシングVでマムシとチロリを購入。阪和道で阪南から御坊まで走り、ファミリーマートで腹ごしらえ、フィッシングオーシャンで中エビを買う。我が家の冷凍庫にある短冊用イカとホタルイカを持ってくるのを忘れた事にここで気づくが後の祭り(笑)。42号をさらに南下し、田辺で氷と夜食と酒を調達して道の駅志原海岸に到着したのがジャスト18時。
 ざっと浜を見ると村島磯で数人釣っていたが日置大浜には誰も居ない。波は少しあったけど風も無く「こりゃ、のんびり釣れるかなぁ」と思って車から道具を出して浜に下りると丁度3人組のどう見ても磯釣りスタイルではない人達が村島磯の方から歩いて来た。村島磯で釣った帰りだと思い、「釣れましたか?」と聞くとこれからだと言う。後から話を聞くと、普段は磯投げをしておられてサーフからの釣りは久しぶりだと言う。今回も村島磯から投げるつもりだったらしいけど、他に釣り人が居て釣りにくくてサーフに来たらしい。で、その方達は磯から少し離れた(日置川寄り)で釣りはじめました。私は、村島磯に一番近い場所に陣取ってはじめました。
 浜に下りてびっくりしたのが、村島磯から左側数十メートルは波打ち際が急斜面になっており、しかもテトラが入っていて去年釣っていた場所では釣りにならない事が判明。投げが出来る一番村島磯寄りの場所で始めたけど、ここは少し左寄りに投げると満潮時以外は露出する岩場があり、右寄りにしか遠投出来ない。昨年釣ったコロダイのポイントは、その場所からだとかなり右に投げる必要があり、波とテトラがあるので狙うのは難しそう。
 タックルの準備に取り掛かる。まずは今期のコロに備えて新調したサーフリーダーSFにパワーエアロを装着。ここは根掛かりが少ないので市販の2本バリ仕掛けを使う。更にサーフリーダーにこれまた新調したアルテグラXTを装着し、仕掛けは同じ。波が少しあるので錘は30号にした。2本バリなのでマムシとチロリを付けてそれぞれ投入。セオリー通り、沈み根の近くで遠近投げ分けて待つ。竿を高く立てても(特にPEは)道糸を波に叩かれて、エサ取りのアタリは殆ど判らない状態。でもエサはかじられて上がってくる。本日の干潮が22時前頃だと記憶していて、昨年の実績から下げ潮で調子が良かったので干潮まで酒を食らいながら集中して手返しするが、何も釣れない。って言うかアタリ無し。それと22時頃から小雨がポツポツ降ってきて、アタリも無いし、モチベーションは下降の一途をたどる。それでもダラダラ釣り続け、12時頃に本日の1尾目、10センチ程のゴンズイが上がる。丁重にハリを外して海にお帰り頂く。その後、仕掛けを回収しているとなんとなく重い。これは赤ジャコ。で、日が変わってAM2時頃、やっとメンドリを釣り上げる。これはエサのチェックで仕掛けを回収しようと波打ち際まで寄せてきてやっと「なんか引いてる」って感じでした。メンドリは、投げ釣りの場合割と最初のアタリは出るけど、巻き上げるときは殆ど無抵抗なので、釣り味はイマイチ。それでも「時合いか」と気合を入れる。30分後、初めて穂先に伝わるアタリ。「よっしゃ」とアワセをくれて巻き上げにかかるが、重みはあるけど魚っぽい引きがない。案の定、30センチ程のエイさんで、すぐさま海へお帰り頂く。エサがあまり気味なので、もう一本仕掛けを用意して出来るだけ村島磯の近くに投げると4時頃、鮮明なアタリが出てアワセをするがスカ・・・・。えっ?半信半疑で波打ち際まで巻き上げてくるとやはり引いている。上げてみると、本日最大寸のメンドリ。「もっと楽しましてくれよぉ」と思いつつ、延髄を切断してクーラーへ。その後、3本竿で頑張ったけどアタリも無いまま夜明けに。6時ごろ、メンドリとタカノハを追加して7時に納竿。丸ボーズじゃないのは救われたけど全くパッとしない釣果でした。

 ちなみに、並継ぎ竿も一本は使ってみようと思ってサーフリーダーSFを購入してみましたが竿にもよるでしょうが、並継ぎのアドバンテージを見出すことは出来ませんでした。確かに、飛距離は伸びますが,仕舞寸法が長いし嵩張るし・・・・。新調したリールのアルテグラ12000番では投げたときにスプール径が大きいせいか、放出するラインが竿を叩きます。それと、パワーエアロ・アルテグラXT共に言える事ですが、ドラグを完全に緩めても、ドラグの機構のせいかフリーになりません。
釣果
タックル ヾ函SHIMANO サーフリーダーSF 425CX リール:SHIMANO パワーエアロ6000 道糸:PE5号
竿:SHIMANO サーフリーダー425 CX-T リール:SHIMANO アルテグラXT12000 道糸:ナイロン10号
4函SHIMANO サーフリーダー425EV CX-T リール」SHIMANO チタノスパワーエアロGT-6000 道糸:ナイロン10号
錘:誘導天秤30号
ハリ・ハリス:オーナープロサーフキャスティング(幹糸:9号、ハリス:8号、ハリ:ビッグサーフ15号)
釣行記一覧に戻る