[ 新規登録 ]
SINCE 2003/07/02

MENU
FISHING
AQUALIUM
TOP LINKS
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>


コロタマ杯


KINGコロタマGP

釣行記

日付 2003年10月12日06:00〜2003年10月12日14:00
場所 和歌山県 由良湾
大潮
エサ シラサエビ
記事  おふくろが以前からアジを釣りたいと言っていたので半月前から今回の釣行を予定していた。天気さえ良ければ、嫁と子供も連れて行く予定だったが、雨がパラつきそうなのでパス。親父・おふくろと私の3人で釣行。10日夜にコロ狙いで釣行する予定だったが、急な仕事で行けなくなり、鬱憤晴らしにメバルとガシラ、回ってくればセイゴもと意気込んで朝4時出発。
 釣り場に着くと小雨がパラついている。カッパが要る程でもないが、念のため上だけ着込んで釣り場に入って様子を見る。低気圧のせいか、大潮の満潮と言えど異常に潮位が高い。餌取りは見えないがメバルの気配もない。エビを少し撒いてから仕掛けを用意する。メバリングタックルでラインは3lb通し。ガン玉Bを打って、シラサを刺して投入するが、既に早起きの餌取りが動き出している様子で、餌がかじられて上がってくる。明確なアタリが無いことから、キタマクラかカワハギだろう。手返しを続けると、すぐにメバルを1尾ゲット。その後珍しくアオヤガラが釣れる。その後、メバル・メバル・アオヤガラと釣って、8時頃からシラサにイカが寄ってしまった。
 この時期は毎年の事だが、シラサを撒いているとタバコサイズのイカが寄ってくる事が多々ある。普段なら掛け鈎を用意しているが、今日は何故か持っていなかった。餌木も車にはあるが取りに行くのがめんどうなので、刺餌をイカが抱いてもなすすべ無し。
 そうしてイカと遊んでいたが、そのうちイカの姿が消えて餌取りオンリーになってしまったので、テトラ際に仕掛けを軽く投げてカーブフォールで探ってみると竿を引っ手繰るようなアタリでメッキが掛かったが後が続かず。餌取りとしばらく戯れたが当日は体調が優れず、しんどくなってきた。セイゴの回遊も無く、帰りが心配なので車に戻って仮眠をとることにする。
 目が覚めたら13時前。様子を伺いに釣り場に出るが、干潮にしてはいくらこの時期とは言えやはり潮位が高い。なかなか目が覚めず、テンション上がらず、ガシラの穴釣りをする気にもなれなくて、シラサを撒きながらメバル狙いを続行するが餌取りしか釣れず。2時ごろに納竿した。
 親父は目立ったキープは無し。おふくろは、15センチ程のアジを16Lのクーラーに半分程度、イサギ子混じりで釣っていた。
 そろそろメバルがまとまって釣れ出してもおかしくない時期だけど、今年は遅いのかな?11月にまた様子を見に行きます。
釣果 メバル 18cm ×3
アオヤガラ 50cm ×2
メッキ 15cm ×1
タックル ヾ函SHIMANO GAME TYPE-RF 6.0ft リール:SHIMANO アルテグラ2000 道糸・ハリス通し:フロロカーボン2lb
釣行記一覧に戻る