[ 新規登録 ]
SINCE 2003/07/02

MENU
FISHING
AQUALIUM
TOP LINKS
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>


コロタマ杯


KINGコロタマGP

釣行記

日付 2007年07月26日18:00〜2007年07月27日0:30
場所 和歌山県串本町
中潮
天気
海況
晴れ、ベタ凪ぎ
エサ 中エビ・ボイル アミエビ2キロ・生1.5キロ・ウニ団子
記事 昨夜から南紀入りしているSLさんに合流すべく、13時を回って自宅を出発。
釣太郎白浜店で餌を購入&日置のローソンで自分の餌を購入して更に南下。
機嫌よく走っていると、日置川を越えてトンネルの出口辺りでレーダー探知機から「ステルスを受信しました」とのメッセージ。
見ると、トンネルとトンネルの間の伊古木でおまわりさんが数人。そう、ネズミ捕りです。上り側での取り締まりだったんでこちらは関係ないけど、あそこは勝手にスピード出るし一発で引っかかりますよ。ステルスなんで安物の探知機では探知できないですしねー。
あのトンネルは事故も多いらしいです。

そんなこんなで予定通り釣り場駐車場でSLさんと17時合流。
まだ暑いなーとか言いながらうだうだ時間潰して18時頃から開始です。
西風が強く風波が立ってます。

私が選んだポイントは・・・シャワー席。
(SLさん撮影)
この波が容赦なく私に降り注ぎます。
SLさんは私の右側に陣取る。
まだ明るいのでとりあえず小物でもと久々にブリスペの登場です。
もう体もタックルもべちょべちょ。
またアンバサダーのオーバーホールせにゃいかん。
中エビでも秒殺なので、貝を割って付けるがこれも秒殺。
下には餌取りがかなり居るようです。
ブリスペでアカジャコ、カゴカキ、チョウチョを釣って昼モード終了。

私にしては珍しく、夜はレセプター1本勝負です。
暗くなってからは餌取りは酷くなく、中エビだとアタリが出ない。ボイルだと程々にアタリが出るのでボイルで手返しを繰り返す。
まずはアカマツカサ2連荘。
でウツボ釣ってまたアカマツとポンポンと竿が曲がる。

20時半ごろに小ぶりなシブダイ。


で、直後にメンドリ。


しばらく沈黙。

SLさんはアカジャコばかりとの事で私の左側に移動するもやはりアカジャコに手を焼いておられるよう。

私は今度は10時半頃、
メンドリ、テリエビス、テリエビス、メンドリ、テリエビス、テリエビスとしばし外道入れ食いモード。
これだけコロ釣りの外道を釣ってなんでコロが喰わんねん!って感じです。

SLさんは右端に再度移動するが沈黙している。

0時が近づき、SLさんの所へ行ってみる。
既に二人とも折れかけです(笑)
「何時ごろまでやります?」
「次のジアイは3時・・・もちませんね」
「んじゃ1時目処って事で」
って感じの会話で再び釣り座に戻る。

0時を回って撒き餌も切れた頃にワタンボを釣る。
ワタンボは美味いんだが、1尾じゃ話にならないんで海にお帰りいただく。

で、最後のあがきに刺し餌用のボイルブロックを撒きながら中層を釣ってみる。
すると程なく穂先がクワンクワン・・・ズッボーと入るではないか。
即竿に駆け寄ってアワセを入れると本日初めてのキューーンと糸なり。
既にボイル撒き撒きモードで竿に注意いってなかったんで、ちょっとアワセが遅れたか・・・
沖・手前・右・左・沖と走ってバレた。
腰落す必要があるほどの引きでもなかったし、サイズは50センチ程度だろう。
ボイル撒きながらボイル刺し餌で中層釣っててヒラ打った魚体は月明かりに照らされて青っぽい銀色。さらに品の無い引き方。
イズスミか・・・良くてグレ。
悔しくないもーーん。

で、これを機に片づけを始める。SLさんは既に片付けモード。
結局「1時を目処に」で、1時には車に乗っていたのでした(笑)

SLさん、お疲れ様でした。
釣果 アカジャコ×2
カゴカキダイ
チョウチョウオ
ウツボ
アカマツカサ×3
メンドリ×3
シブダイ
テリエビス×4
ハタンポ
タックル ヾ函Гまかつ がま磯レセプター4号 リール:AbuGarcia Ambassadeur6500CSproRocket ライン:フロロ10号通し 錘:ゴム管付5号楊枝止め 鈎:フカセマダイ12号
竿:がまかつ 海上釣堀ブリスペシャル4M リール:AbuGarcia Ambassadeur5500CSproRocket ライン:フロロ8号通し 錘:ゴム管付4号楊枝止め 鈎:伊勢尼8号
釣行記一覧に戻る