[ 新規登録 ]
SINCE 2003/07/02

MENU
FISHING
AQUALIUM
TOP LINKS
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>


コロタマ杯


KINGコロタマGP

釣行記

日付 2007年08月09日21:00〜2007年08月10日3:30
場所 和歌山県串本町
中潮
天気
海況
晴れ、波高し(うねり)
エサ 中エビ・ボイル・キビナゴ アミエビ2キロ・生1.5キロ
記事  当日は和歌山市にちょっとした用事があり、朝の8時半に自宅を出発。午前中に手続きを済ませ、15時まで時間待ちとなるんで、その間にロッドの改造の相談にとチャンス岩出店に向かう。レセプターのベイト化の相談で、あわよくばそのままロッドを置いていくつもりだったが3ヶ月待ちとの事(汗)。ピークを越える秋まで我慢することに。15時に和歌山市に戻り、用事を済ませて海南から高速で南下。
 今回はおつてんさんとの釣行。おつてんさんは明るいうちにイガミ釣りでもと沢蟹を取って出発された様子。釣り場で待ち合わせる事にして高速をひた走る。
 みなべを降りて田辺市に入った頃におつてんさんから波高いとのメール。まさか台風のウネリ来てるん?
 釣太郎で餌を購入して走りながら袋から椿の海を見るがさほど波が高い様子は無い。
 で、どんどん南下すると、だんだん海の様子が・・・・・波高いやん!
 おつてんさんから予定していた場所での夜釣りは無理そうとのメールを頂いたが、あと十分程で待ち合わせ場所に到着するんで待ってもらって合流。海を見ると・・・・無理そう・・・(涙)
 釣り場移動を決定。場所は・・・・私んちにしましょか。って事でかなり戻って磯を見ると潮引いてくるしなんとかやれそう?って事で磯に下りたけど、だんだんウネリが大きくなってくる。
 仕掛け用意して投入するも仕掛けが落ち着かず、釣りにならない。結局数投で撤退することに。
 おつてんさんは明日も朝から仕事なので・・・と帰られた。私はこのまま引き下がれないんで、安全な波止で竿を出すことにする。で、再び南下し、21時頃に串本町の波止に落ち着く。
 既に本日の走行距離370キロで腰が痛い(笑)。でもこれだけ波気あったら、湾奥の波止でも望みあるだろうと、ウキタックルで始める。

 水潮でもないのにゴンズイが多く、ボイルだと入れ食いになるんで、キビナゴや中エビをメインに使う。キビナゴだとやはり長物が多く、中エビだとゴンが混じる。
 食べ頃のメンドリを釣った後、23:30頃、キビナゴ付けて釣ってると、長物のような変なアタリではなく、ウキがスーーッと入っていく。アワセを入れると竿がグワーーン!。強烈な引きで3号竿が絞り込まれて、ラインを持って行かれる。ドラグを締めて必死に耐えるがなかなか寄って来ない。こりゃ怒級に違いない。しばらく格闘の末、足元まで寄せてタモ入れしようとするが、潮位が低くてタモになかなか入らない。
 仕方なくライン持って抜き上げようとするが、重くて上がらない上手を切ってしまった。再度タモ入れにトライしてやっと収まって上げて見るとエイですやん。しかもスレ掛かり。そりゃよー引くしタモにも入りにくいはず。


 どっと疲れた上、もうすぐ0時。そろそろ定時だが、今夜は帰らなくて良いし2時半に満潮になるんで残業する事に。

 かぶせながら手返し続行。長物、ゴンズイと戯れていると、ウキがジワーッとシモったんで渾身のアワセ。キューンと糸鳴りして竿が絞られる。今度はコロや!。3号竿なんでかなり引きを堪能してランディングしたのは、46.5cmのコロダイ。1時前だった。


まだ友達が居る筈・・・と手返しを繰り返し、次にアタリが出たのは2:30頃。
ってイタチウオやん!


一気に力が抜け、その後は撒き餌捨てモードへ(笑)
コロダイ追加ならず、3:30頃終了し、車に戻って爆睡しました。
釣果
コロダイ 46.5cm
メンドリ
アナゴ ×3
ウツボ ×2
テリエビス
アカジャコ
エイ
イタチウオ
タックル ヾ函Гまかつ がま磯RZベイト3号 リール:AbuGarcia Ambassadeur5000RED PH ライン:ナイロン8号 2号棒型電機ウキ ハリス:フロロ8号 鈎:フカセマダイ12号
釣行記一覧に戻る