ズボコロ

コロダイのズボ釣り

 コロダイを狙い始めてから数年経ちました。最初はフカセで狙ったのですが良い思いが出来ず、投げ釣りで狙うようになりましたがタックルの重さと餌代の高さに閉口(笑)。最近は投げ釣りもやりますがズボ釣りで狙うことが多くなってきました。比較的ズボコロで釣果を出せるようになってきましたので紹介しようと思います。ウキコロならガッツさんのHPコンテンツ新ウキコロ一直線!、投げコロメインですがコロ釣り全般についてはSLさんのHPコロ鯛研究報告書で詳しく紹介されています。

ズボ釣り     
 大阪湾でのハネ釣りなんかでは有名ですがウキを使わない仕掛けでキャストせずに竿下に仕掛けを下ろして穂先でアタリを取る釣り方ををズボ釣りと呼びます。ズボ釣りの魅力は何と言っても楽なこと(置き竿の場合)。仕掛けを落ち着かせた後は時々撒き餌をしながら椅子にでも座って穂先を眺めているだけです。ウキ釣りのようなライン・仕掛けの操作や投げ釣りのような投入・回収の手間もありません。それにコロダイ(に限らず)はストラクチャーや海溝、シモリや磯際を回遊しますのでそのコースを狙い撃ち出来るため、ボーズの多いこの釣りでもポイント選定を間違わずコロダイの回遊さえあれば(これが難しいんですが)初心者でも釣り易いと思います。
 コロダイをズボ釣りで狙う場合置き竿スタイルと手持ちスタイルがありますが、私は専ら置き竿スタイルなので置き竿スタイルを主に紹介します。
ポイント
 ズボ釣りの場合その性質上足元からある程度水深があるポイントに釣り座を構えなくてはなりません。具体的には足元から落ち込んでいる磯や波止になり、水深は3〜5M前後欲しいところです。その意味では沖を狙うことが出来るフカセやカゴ、投げ釣りに比べて釣り場は限られます。しかしコロダイは磯際を回遊してくるもので下手に沖を釣るより足元を狙った方が良いケースが多いものです。サラシが出ているようなところでは仕掛けが落ち着きませんし、流れが比較的緩やかな場所でないと撒き餌と一緒に仕掛を流せるウキ釣りと違って撒き餌が難しくなります。
 波止でも磯でもですが、昼間は底が見えていて竿を出す気にならないような所でも夜になると良いポイントになる場所が沢山あります。
 ポイント選定の目安としては、ポイント自体がバリバリの磯場であっても近くに浜がある事。又は逆に磯に囲まれた浜が近くにある(この浜は陸地のそれを指すのではなく、海底が浜になっている事です)等、浜絡みの釣り場がオススメです。河口付近も良いポイントになりますが、雨やダムの放水等川の増水の影響を受けやすくムラがあると思います。
タックル
 上物釣りのような細仕掛では切られてしまいます。ベイトスタイルとスピニングスタイルで大きく変わってきますがこと、ズボコロに関してはベイトリールの使用を強くお勧めします。と言うのも、根ズレに強いフロロカーボンを巻けるからです。磯でズボコロをする場合、際を釣っているので魚が掛かったときにどうしても根ズレしやすく、根ズレに弱いナイロンやPEでは心配です。又、仕掛け強度が抜群な直結仕掛を使うことが可能です。スピニングリールに太いフロロカーボンを巻くとライントラブルが頻発して使い物になりません。
 ロッドは釣り場が波止なのか磯なのかで扱い易い竿の長さか変わってきます。磯の場合様々な地形に対応するため、標準的な5〜5.3M程度の長さ、波止では垂直ケーソンが多いので4M前後の竿が扱いやすいです。
 竿先でアタリを取る釣りなので、磯竿でも穂先が硬い遠投仕様等の竿はあまり向きません。

ベイトタックル編
竿
 4号前後(ハリス負荷8号程度〜)の磯竿から選びます。ベイトリールを使う場合、スピニング専用の遠投仕様の竿(ガイドが大きくて少ない物)だけは絶対にNGです。又ベイト仕様の竿もバランスが良いので手返しは楽ですが穂先が硬めの物が多く、コロダイにはさほど影響ありませんが外道のグレやイサギなんかの喰いが悪くなります。
リール/ライン
 AbuGarciaなら10号ラインで6000番台、8号ラインなら5000番台の物が100Mピッタリ巻けます。ラインはフロロカーボンをお勧めします。太さは、装着する竿の最大ハリス負荷号数です。一晩の釣りでは50Mも巻いていれば十分なのですが吸水性が低く劣化が少ないフロロの場合、釣行後に塩抜きさえしておけば長く使えます。リールのスペックとしてはクラシック系モデルでレベルワインダー、クリッカ(ラインアラーム)が付いている方がいいでしょう。ギヤ比は5.3:1が扱いやすいですがジュラルミンギヤを採用している製品(4000番台までに多い)はギヤが飛ぶ可能性があるので使わないほうが無難です。ハンドルは力の入れやすいシングルパワーハンドルの方が扱いやすいですがツインノブでも大きな問題はありません。キャストをしないので遠心ブレーキやマグネットブレーキは関係ありません。私はスプールシャフトをボールベアリングで受けているタイプを使用していますが、ボールベアリングは錆びます。キャストをする釣りではないので回転性能にも拘りません。メンテが面倒なのでベアリング無しモデルの方が良いと思います。上記スペックを満たした物ではAmbassadeur6500CLビッグゲームが現在入手し易く安価です。ビンテージABUも問題なく使えますよ。
AbuGarcia以外のベイトリールをこの釣りで使ってないので他社製品は判りませんが10号が100メートル前後巻けるサイズなら大きな不具合は無いと思います。

スピニングタックル編
竿
 基本的にベイトタックルの選定基準と同じですが、スピニング専用の遠投仕様の竿もOKです。安価な物(笑)は穂先が柔らかくて十分使えます。
リール/ライン
 シマノなら5000〜6000番の汎用スピニングリールで良いと思います。巻上げ力のあるジギング対応の物も結構使い易いかも。ラインはナイロンの8〜12号程度が良いと思います。直線強度の関係からPEラインの4号程度を使って軽く小さめのリールを使いたくなりますが根ズレに弱い上、結節強度も低いPEは大物を掛けた時のラインブレイクの確立が上がると考えます(磯際を釣る事を念頭に置いています)。どうしてもPEを使用するなら最低6号程度を使用して、中通し竿の使用をお勧めします。外ガイド竿で穂先絡みしやすいPEラインの使用は竿の破損に繋がりますので夜釣りではお勧めできません。

私が使用しているタックルに興味がある方は釣行記をご覧下さい。

仕掛
ハリス:フロロカーボン8号〜12号を使用します。コロダイに限って言えばハリスは太くても関係ありません。昼間でも10号ハリスに喰ってきます。
・2007.08.02修正
人の話や自分の経験から最近は他の釣りと同じく細い方が良いと思うようになってきました。条件がよくて食い気のあるコロダイこそ関係ありませんが、いつもそうとは限りません。最近は波止等根ズレのリスクの少ないポイントでは8号、標準で10号、大物期待の地磯では12号を使ってます。

錘:仕掛けによってタイプは変わりますが3号〜10号を水深や波の状態によって使い分けます。
鈎:ヒラマサ鈎12号前後が強くてお勧めですが、根掛りが多い場所では伊勢尼14号を使っています。外道にグレやイサギを望むときはサイズを落とします。

直結仕掛
 フロロカーボンを巻けるベイトリールだからこそ可能な仕掛けで強度は抜群です。なにしろ結び目が鈎にしかありませんからね。リールから出た糸にゴム管付き錘を楊枝止めして鈎を結びます。先糸(ハリス?)の長さは標準で30センチ前後です。先糸長さの調整は錘の位置をずらすだけですし、鈎交換やラインに傷が入った場合も錘をズラして鈎を結びなおすだけ。楽チンです。ただ、6号以上の錘を楊枝止めすると竿をしゃくった時に錘が下がってくるので使えません。根掛りした時も鈎が折れたり伸びるか鈎のチモトで切れる場合が殆どなので水中で腐食しにくいフロロカーボンでも環境への負担は最小限で済みます。
 難を言えばフロロなので(銘柄にもよりますが)巻き癖が酷く、錘から鈎までがしばらくクリクリしています(笑)。多少引っ張ってもなかなか伸びません。

 あと、穂先ライトを付けるのですが、全ガイドを上にセッティングすると穂先ライトの影響もあって穂先が糸がらみしやすいです。途中で180度ねじって穂先のガイドは下を向くようにセッティングした方がトラブルが少ないです。

・2007.08.02追記
 最近はハリス長さ標準で50センチ程度。状況により、30センチ〜80センチです。
 ベイト専用ロッドの場合は、全ガイド上向きでも問題ありません。
ラインの巻き癖は、保管時に先の5Mくらいをきっちり巻かず、すぼけた状態にしておく事で回避可能です。


上錘仕掛
 スピニングタックルを使うときや6号以上の錘を使うときに使用します。道糸に中通し錘を通してサルカンを結ぶかサルカン付き錘に道糸を結び、ハリスを接続します。普段上の直結仕掛を使ってると結び目の強度低下が気になります(笑)。
 サルカンを使用する場合、スナップ付きは強度的に不安です。ローリングサルカン等丈夫な物を使うのが無難です。又、サルカン付き錘は強度的に不安なのであまり使用しません。

胴突仕掛
 色んなタイプがありますが、ズボラな私は仕掛作りが面倒なこの手の仕掛は殆ど使わないので取り合えずここでは紹介しませんが上の2つの仕掛けでは波等で仕掛けが落ち着かないときには有効な場合があります。

必要な小物類
 基本的に磯の夜釣りの装備に準じます。ライフジャケットや磯靴、その他基本装備は必須です。波止の場合はそれなりに軽装になりますが、ライフジャケットの着用をお勧めします。(詳細な夜磯の装備は割愛します)
ピトン/ハーケン/竿受け
 ピトンは磯の置き竿スタイルでアタリを待つ場合は必要です。軽いからとパイプ製の物を使いたくなりますが魚に曲げられる場合があります。重いですがステンレスのムクの物が良いです。長さは一番短い物〜少し長めの物を釣り座によってチョイスします。上物釣りで使うような長いものは特に必要ありません。竿受けも上物用やイカ用の心細い物は使わないほうが良いでしょう。角度が変えられる物が扱いやすいです。ハーケンは尻手を繋いだりスカリ、ストリンガーを繋ぐのに重宝します。ピトンを打ち込むためのハンマーも必要です。

・2007.08.02追記
 ハーケンが入らないような隙間や穴にピトンを打ち付ける場合は鉛のクサビが重宝するのですが環境に良くありませんので、可能な限り使用を控えています。その辺に落ちている適当な木の枝なんかを使っても十分効きます。
穂先ライト/ルミコ
 夜釣りがメインで穂先でアタリを取る釣りなので穂先ライトは必須です。ルミコは釣果に影響有るかどうか不明ですが、暗闇で手返しする時に仕掛けの位置が見やすいので付ける事が多いです。私はグリーンを使ってますがブルーが良いとのウワサも・・・。

・2007.08.02追記
磯で釣る際は明るめのホタルを幾つか用意して、餌箱に一個、それと躓きそうな岩の出っ張りやはまりそうなタイドプール近辺に目印として置いておくと通常の動作ではライトが不要になります。

ラインブレーカー
 頑丈な仕掛けで磯際を釣りますので根掛りした時、切るのに一苦労します。竿をしゃくったくらいでは切れませんし投げ釣りのように竿を真っ直ぐにして引っ張ろうにも磯で竿を傷めてしまいます。そんな時に重宝します。ラインを巻きつけて引っ張れる丸い器具で、底物売り場に置いています。

ライト類
 通常の明るい物以外に手元を照らす小さなライトがあると重宝します。急に雨が降ってくる事もありますから防水のものがお勧めです。明るいライトで海を照らすと喰いが悪くなるときがあります。餌付け等は小さなライトで済ませます。

スカリ/ストリンガー
 夏の夜釣りでは飲み物や食糧、冷凍餌のストックでクーラーが一杯になります。釣った魚は納竿まで生かしておいた方が釣り場に持ち込む氷が少なく済みます。ストリンガーはチヌ用の物ではなく、底物用が無難です。

刺し餌
餌取りの具合で変わりますが基本的にボイルと中エビがあれば十分です。オキアミはLL〜3Lを使用します。
餌屋で購入できる私が夜釣りで使用した実績餌のみ紹介します。イカや身餌はウツボが来ますよ。
餌の種類 コロダイの
喰いの良さ
他魚の
喰いの良さ
餌取り
への強さ
備考
オキアミ
(生)
× 餌取りが殆ど無い状態で他魚にも期待する時に使用しますがコロダイのみを狙う場合は使用しません。アタリが出ずに餌がなくなっている事が多いので注意が必要です。
オキアミ
(ボイル)
餌取りが割と居る状態で他魚にも期待する時に使用します。
中エビ
海エビ

(2007.8.2修正)
餌取りが多い時やゴンズイが居る時に使用しますがグレやイサギは釣れなくなります。しかし餌が取られる時は必ず穂先に変化がありますのでじっくりコロダイを待つには最適です。この餌でもコロダイ以外にヘダイやメンドリは釣れます。
スガニ × 餌取りが多くてどうしようもない時に使いますが退屈な釣りになります(笑)。

  
撒き餌
 基本的にアミエビだけを使ってますが、ウニ団子も潮流に関係なく足元にポイントを作ってくれるので結構良いです。アミエビは一晩で4キロ(2キロ×2)を用意します。
 撒き餌は人によって配合だったりボイルだったりと色々ですが、解けた直後のアミエビを撒くことによって光とニオイがコロダイを誘うと考えています。その中に大き目の刺し餌があったら・・・イチコロです(多分)。

釣行について
 さて、釣行についてですが夜釣りになりますので安全のため、特に磯では単独釣行は避けます。又台風発生等波の高いときも釣行は控えます。何処に入るか(釣り場)はコロ釣りに行っているうちにわかるようになります。最初は雑誌やネットで公開されているポイントに行ってみてそこで地元の人や同じような釣りをしている人に話しかけてみましょう。釣り場では割とオープンな方も多く、色んな情報が貰えます。
 それからはじめて行くポイントには必ず明るいうちに入ります。地形を把握してコロダイの回遊ルートを見極め、仕掛けを入れる位置を決める事がこの釣りで一番大切なことです

実釣
 まず、釣り場に着いたらここぞと思うポイントにピトンを打ち、ポイント周りに撒き餌をしてから仕掛作りに取り掛かります。仕掛けが出来たらもう一度撒き餌をしてから仕掛けを投入します。基本的に底狙いなので、一度底まで仕掛けを下ろしてからハリス分巻き上げます(この時、ABUを使っている場合、レベルワインダーの位置を覚えておくと次からその位置で止めればハリス分の巻き上げ作業が要りません)。あとは竿受けに竿をセットしてアタリを待つだけです。時々撒き餌を撒きながら刺し餌のチェックと交換をします。手持ちの場合は時々サソイを掛けてやるのも有効です。アタリはモソモソが続くようなものやコツッときてグーッと持って行くもの、穂先がおじぎしたまま止まってるものなど様々です。少ないですが一気に引っ手繰っていくアタリもあり、仕掛けを海の藻屑にしない為にも常に穂先を見ていないといけません。集中できない場合は尻手を繋ぐか、ABUの場合クリッカをONにしてクラッチを切っておきますと大アタリががあればクリッカが鳴り響くので見ていなくてもわかりますがこの時は掛からない事が多いです。ブルブルブルッと震えるように出るアタリはコロダイではありません。
 基本は底狙いと書きましたが撒き餌につられて浮いてきている事もあり、底狙いではなかなか喰わない事があります。コロダイが寄ってきた(急に餌取りが減る等)雰囲気がっても喰わない時は思い切って棚を上げてみるのも良いかもしれません(私の実績でも必ずしもベタ底ではありません)。
 アタリが出たらしっかりとアワセを入れます。どれくらいかと言うと素鈎を引いた時に仕掛けが水中からジュボッと飛び出るくらいです。コロダイは唇こそ柔らかいですが上アゴは硬く甘いアワセだと鈎掛かりしない場合があります。私は何度も泣きを見ました。魚が掛かったら絶対に糸を出してはいけません。糸を出して走られてしまうと止まりませんし根に巻かれてしまいます。しっかり竿で溜めているとコロダイもそのうち疲れてきますので巻き上げに入ります。2度3度と抵抗しますので、慎重に取り込んでください。小さかったらゴボウ抜き、無理な場合はタモでフィニッシュです。

・2007.08.02追記
 ピトンは釣っている間に緩んでくることがありますが、ジアイと思われる間は打ち直してはいけません。ハンマーで打ったときに足元の海中に相当響くはずですので魚を散らしてしまいます。ピトンが緩む原因は、大抵が魚にズッボーッとやられたか、アタリがあった時に竿受けに掛けたままでアワセを入れた時で、ジアイの場合が多いです。せっかく足元に寄っている魚を散らすようなもので、周りの釣り人にも迷惑が及びます。最初に釣り座を決定したときに緩んでこないようにしっかりと固定し、途中緩んでもジアイが終了するまでは、手持ちでがんばりましょう。
 撒き餌の入れるポイントについては、基本的に磯際なのですが、潮流があるときは竿の直下に撒いても自分の足元には効きません。自分の仕掛けに撒き餌が効くように潮流を考慮して潮上に撒く必要があります。潮流は溶けた直後の光っているアミエビを撒いて観察することで知ることが出来ます。従って、ズボでは光る撒き餌は必須です。アミエビを複数用意していてもサビキ釣りのように最初に全部溶かしてはいけませんよ。
 鈎に近い場所のハリスはフグやマツカサにやられてたり根に擦れて痛んでいる場合があります。餌の交換時に鈎先のチェックと一緒にハリスもチェックし、どちらも痛んでいれば即切り捨てましょう。

あとがき
 ズボコロについて一通り説明したつもりですが、これからコロダイ釣りを始められる方にとっては不明な点も多いかと思います。気が付いたら随時書き足していきますし、不明な点は掲示板やコロダイ会議室で投稿頂けば具体的なポイント紹介以外は全ての情報をオープンにします。